COOL07と呼ばれる人の日常、気分次第。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さらにつづいてその3

SUS巨大要塞出現!!!1
攻撃効かねー!
なんか必殺兵器みたいなのが動き出した!
強力なビーム兵器くさい。
パスカル将軍がシールドを出して防ぐ
パスカル「ヤマト頼んだぜ!
パスカル他アマール艦隊戦死。

なんか第2射撃とうとしてるよ?
古代「上に行け!」
第2射が発射される。上に逃げたヤマト以外の地球防衛軍とか戦死。

ここでまた大いなる疑問。
艦隊指揮官である古代が何故他の地球艦隊に回避の指示を出さないのか?
指揮官としての責務を放棄しているとしか思えない。
というか、地球艦隊なんて戦力だとは思っていないんだろうな。
さらばの時に白色水星に拡散波動砲を撃って駄目だったときに
名もない地球防衛軍の艦隊司令ですら「反転180度!全艦離脱!」と、指示しているというのに。

話を戻そう。
行き詰まってしまうヤマト。
副艦長大村が特務艇信濃での攻撃を願い出る。
古代、苦渋の決断で許可を出す。

大村が特攻でバリアを破壊してビーム砲も使えなくする。

ここでやっと褒められそうなシーン
大村が信濃で特攻するときに
「地球をなめるなよ!宇宙戦艦ヤマトを舐めるなよ!!!」
本作における数少ない”まだ”褒めても良いかなとおもう点

しかし、そこまで大村に感情移入出来てるわけでもないので大きく評価は出来ない。

ここで必殺のトランジッション波動砲登場。
ありがたみのない波動砲5連射で5門有るビーム砲を破壊する。
果てしなくありがたみのない波動砲である。

なんのかんのでSUS要塞撃破。
ここで敵の一人がなんか変な生命体であることが発覚。
自称違う空間の存在。この空間を征服するためにきた。

ヤマト地球に帰る。
死んだはずの生命体登場。
「あれは移動性ブラックホールに見えるけど、違うのねん。実は物質転移装置が仕組んであってうちらの世界に転送しとるばい。で、その星をうちらの世界では資源エネルギーにしてるわけですわ。あははははははははw」
古代「波動砲打ち込んだらいけんじゃね?」
波動砲発射、ブラックホール消滅。

ブラックホールに突っ込んだ時に第三艦橋大破。
どうも真帆(CV:柚姉)が画面に突っ伏してるから死んでるくさい。
せっかく本作で唯一の可愛いキャラ(スタイルもいいしw)でCVも良いのに。。。



そしてEND。
スタッフロール後

「宇宙戦艦ヤマト復活編 第一部完」

第一部完、である、第一部。
大事なことなので二回言いました。

そして(劇)場内、失笑w

以上、これで終わり。

当初、松本絵ではないという点、声優変更がある点が問題だと思っていた。
が、そんな事は些細なことだと思えるくらい本編が終わってる。

一言で言うとこうだ

こんなことならずっとアクエリアスの底で沈んでいるべきだった。


レポ終わり。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
「ヤマト」だと思っていたら「ト」の字がハングルの「卜(ア)」(←「朴(パク)」のつくりのところだったとかいうオチで。
2009/12/18(金) 18:25 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://cool07.blog38.fc2.com/tb.php/631-c4dd971a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。